☆感謝☆ 「小さき声のカノン」モーションギャラリー、目標の500万円を達成いたしました!~鎌仲監督メッセージ~

「カノン」製作だより

プロフ8

✿☆ 達成いたしました! 鎌仲監督からのメッセージ ✿☆

「小さき声のカノン」を応援して下さった皆様、ありがとうございます!
皆様のおかげで目標の500万円を達成いたしました。
https://motion-gallery.net/projects/littlevoicecanon

今日もスタジオにこもってサウンドトラックを作っています。

映画は完成までカウントダウンに入りました。この間、待ったなしの映画制作で、頭も身体もいっぱいな日々の中、皆様のご支援とメッセージがどれだけ励ましになったことか、これを書きながらも胸が一杯になっています。

この映画を作り始めて3年半、東京電力福島原発事故によって人生を変えさせられた被災者の方々とともに映画は歩んできました。

映画を撮り始めた時、赤ちゃんだったあの子もこの子も成長し、幼稚園に入ったり、生意気な言葉を使ったりするようになっています。

子どもたちが当たり前に、安心して成長出来る環境を原発事故は根底から奪ってしまいました。

放射能汚染と、それを過小評価しようという大きな力

この二つにお母さんたちは苦しめられてきましたし、今も苦しめられています。

まず、その苦しみがきちんと伝わることが大事です。

その上で私たちのこの「小さきカノン」はただ苦しむだけではなく、もがきながらも新しい扉を開くようなお母さんたちの希望もまた描きたいと願ってきました。

ドキュメンタリー映画なので現実を演出する事はできません。小さな声を心に抱く、普通のお母さんたちに寄り添って、ただ寄り添い続けてきました。

「普通の人には大きな力があるのです」、と福島原発事故より25年前に起きたチェルノブイリ原発事故の被害から一貫して子どもたちを守る活動をしてきたスモルニコワさんは言っています。

私もまた、小さな存在に過ぎません。それでもこうやって多くの皆様からご支援をいただき、映画を完成させようとしています。一人ではなく、数えきれない人々の応援や支援や励ましがなくては出来ない事です。

この映画はもっと早く完成させる予定でしたが、難航し、完成が遅れてしまいました。そのため、公開も遅れています。

公開がなんとか決まりました。
公開が遅れたこと、心よりお詫びを申し上げます。

映画はこれまで山あり谷ありでしたが、完成までまだもう少し幾つかの山を越えて行かねばなりません。

そして、完成したら、ただ映画が出来た!ではなく、現実世界においていまだに被ばくの危機にさらされている子どもたちを守っていく、具体的な力にもならねば、と考えています。

ですから、まだまだ、「小さき声のカノン」の取り組みは続きます。

編集スタジオ代、サウンドトラックを作るスタジオ代、ロシア語を吹き替えた声優さんたちへのギャラ、7ヶ月に及ぶオフ編集をやりきった編集マンへのお支払い、膨大なロシア語を翻訳して下さった方々へのお支払い、音楽を担当してくださっているShing02さんの音楽製作のための経費、サウンドトラックに今回参加してくださったNUUさんへも。

そして実際、上映するためには映画をそのためのフォーマットに変換しなければなりません。昔でいうとビデオをフィルムに変換するような作業をこれからやらねばなりません。これがとても高価なものとなります。

皆様から頂戴したご支援なしには、本当に映画はこれらのステップを踏んでくることすら難しかったと思います。

映画を無事に完成させ、皆様に観ていただき、一人でも多くの人たちが「子どもたちを被ばくから守るためにやるべきこと」を知って、動いていただく、その未来の先の先まで、ごいっしょできればと願っています。

スタッフ全員の心よりの感謝を込めて。

監督 鎌仲より

鎌仲監督、また福島へ

「カノン」製作だより

twitterより~~

BqT3Gr7CcAE3Owu

福島市なう。高台より俯瞰。 http://t.co/d3vAbEsg3K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相馬太田神社

「カノン」製作だより

こんにちは!

急に寒くなってきましたが、皆さんお体の調子を崩されていませんか?

雨にも負けず、寒さにも負けずの監督とは違い、わたくしミヤジマは風邪に負けてしまいました。

撮影期間中に風邪でダウンという最悪の事態に・・・

 

まっ、それはいいんですが、

先日、相馬野馬追※でも有名な「相馬太田神社」に行って参りました!

 

ロケ直前に偶然にも、相馬を舞台にした松林要樹監督の新作「祭の馬」

を拝見させていただいたばかりだったので、

スクリーンの中で生命力を振り絞って生きていた馬たちはこの地を駆けていたのか、

と思うと不思議な気持ちになりました。

とても美しくも切ない映画です。

この映画、キャッチコピーがかなり気になります。

“ワケあって おちんちんが ハレちゃった 或る馬の、数奇な運命”

監督のコメントも「これは、他人ごとではない――」というもの。

是非皆さん、劇場に足を運んでご覧下さい!公開は12月から!

詳細はこちら

 

そして、その相馬太田神社を今回伺った際には、

フランス人画家マークエステル・スキャルシャフィキさんが

描かれた絵画を奉納するという式典が行われていました。

Exif_JPEG_PICTURE

当日知ったのですが、マークエステルさんは、日本の神話にとても造詣が深い方で

これまでも伊勢神宮や多くの神社に絵画を奉納していらっしゃいます。

この絵も、古事記に出てくる神々と相馬の自然がモチーフになっています。

また、日本語もペラペラのマークさんは、中国語、ロシア語などたくさんの言語も堪能で、

古事記の翻訳も多数されているとのこと!多才な方ですよね〜

 

 

それにしても、この相馬太田神社、とにかく馬好きにはたまらない神社です。

境内のありとあらゆる場所にお馬さんがいます。

uma_all

 

もちろんこの写真はごく一部です。

今でも「絵馬」として、神社とは関係が深い生き物ですが、

これだけ大事にされているのは、この土地ならではでしょう。

震災後も続く、1000有余年の相馬野馬追の歴史。

馬と人が長い年月をかけて築いてきた関係の重み、深さを感じさせる場所でした。

 

※相馬野馬追は東北六大祭りにも数えられる、全国でも希有な歴史を刻み続けているお祭りです。
約500騎にもおよぶ騎馬と侍が神事と祭りを行うというスケールの大きい、知れば知るほど面白いお祭りです。
(相馬野馬追:http://www6.ocn.ne.jp/~nomaoi/

 

(スタッフ ミヤジマ)

 

 

大人だって気持ちいい

「カノン」製作だより

 

こんにちは!

すっかり夏も通り過ぎ、秋になりましたが、鎌仲チームは、
引き続き新作「小さき声のカノン—選択する人々」の製作まっただ中!

先月の終わりには、新潟の五頭(ごず)連峰で行われた
プチ保養『いのちキラキラ希望の風フェスタ』にお邪魔してきました。

新潟のさまざまな地域から集まった方々が、
あたたかい気持で運営している、
とても気持ちの良い、素敵なイベントでした。
お話したいこともたくさんあるのですが、
詳細はまた映像でお届けしたいと思います♪

 

そういえば、そんな素敵なイベントを取材する直前に、
とっても気持ちいい出会いがありました!

イベントの準備をされている主催者の方のお店をお邪魔したところ、
見たことのないものを発見したのです!

これです!!

woodpool

なんとこれ
木の加工の際にでる不要な端材をまんまるく削って作った小さな玉を、
大人が入れる大きさの木製の浴槽いっぱいに入れて出来た、
全部が木のボールプール!!

woodpool_up
監督、スタッフ一同このプールに大興奮!

足ツボグッズや枕とかで、木の玉を使ったものは見たことがあったんですが、
このスケールは初体験!!
実際に入ってみると、全然ごつごつと痛くもなく、
木のいい匂いと共に全身が木の玉に包まれて、気持よかったです〜

 

少し調べてみると、リラクゼーション効果もあるらしく、
全国でも子供たちの遊具や保養所などで使われているんだそうです。
材質もヒノキ、楠、杉など様々あり、ワックスがかかっていないから、
使っていくうちに光っていくらしい。

捨てられていくものから、手間をかけるとこんなに素敵なものが生まれるんですね。
すごい!!

 

都内に住んでいる方は、「東京おもちゃ美術館」にも置いてあるみたいなので、
ぜひ一度お試しあれ!

ではでは、また!

 

追伸:10/21にWEBショップでカマレポをまとめたDVD「カノンだよりvol.1」を発売しました!
カマレポ同様、売り上げは新作の製作資金とさせて頂きます。
どうか応援宜しくお願いいたします!

「小さき声のカノン」ロケ便り ・ 久しぶりの日本海@新潟

「カノン」製作だより

kamanihonkai

先週14日から「小さき声のカノン」のロケで福島に入りました。今朝は新潟にいます。
山を一つ越えて、会津若松から磐越を通って新潟に入りました。

目下、新潟には福島からの避難者が5千人ほどいらっしゃるとか。
最も多かった時は8千人ぐらいいらっしゃったとか。いろいろな事情を抱えて、福島に戻った人たちも沢山いらっしゃるんですね。
福島では山間の村におりました。福島は山が美しい。稜線がいつも、どこからでも見える、山は故郷の象徴みたいなものかもしれません。
一転、今朝は新潟の日本海へ。

避難した母子の憩いの場所となっている海カフェ ネフ。
http://www.tiny.jp/nef/nef/toppu.html

残念ながら今日はお休み。久しぶりの日本海です。
日本海を見るとここは私の故郷の象徴なのでDNAが喜んでいます。
氷見の海とお魚が懐かしい。
今日もこれからお母さんたちのお話を伺います。

(鎌仲ひとみ)

 

台所と監督@福島

「カノン」製作だより

製作まっただ中の「小さき声のカノン」ですが、
先々週末より先週いっぱい福島県で取材を行ってきました!

運動会①

今回は、福島県の中を会津、郡山、田村、二本松とぐるぐると移動しながら、
お母さんたち、若者たち、研究者の方にお会いして、
充実したロケになりました。

写真は、「内部被ばくを生き抜く」にも登場した
二本松の同朋幼稚園の運動会の様子。
使われていなかった広ーいグラウンドを、ボランティアで除染活動を行って、
全部芝生を一つ一つ貼り、この晴れの舞台を迎えました。
子供達が裸足で駆け回っている姿を観ている親御さんや幼稚園関係者の方々の想い。
想像しがたい努力が子供達の思い出に繋がっていってます。

 

その他、色々お伝えしたいのですが、
カマレポや新作内でお見せ出来るかもしれません!
どうぞお楽しみに!

 

 

そして、製作スタッフ新米のわたくし、
今回の取材で初めて訪れる福島の場所も多く、
想像以上の福島の大きさ、緑や資源の豊かさにあらためて驚かされました。

取材期間中にお世話になった宿も、ほんとに個性が強くて、
雰囲気もそれぞれの味がにじみ出てます。

 

その中でも「内部被ばくを生き抜く」でも取材した二本松にある
「岳温泉」の宿は独特な雰囲気。
ちょっぴり「つげ義春」的な世界のご主人が迎えてくれます。

 

温泉は、お湯が熱くて有名みたいなんですが、とにかくほんとに熱いっ!
足の先の血管が激しくビリビリきます!個人的なダントツ歴代1位。
ただその分、湯上がりは爽快ですので、熱いお湯ファンの方は是非。。。

 

しかも、このお宿、素晴らしいことに、
立派な調理場があるんです!

2013-09-20_18-29-02_547

鎌仲監督が台所に一度足を踏みいれると、厨房のボスとなり、
カメラマンの岩田さんと手際よく何品も同時に作っていきます。
しかも、とっても美味しい〜〜
ありがたや、ありがたや。
取材の時は、どうしても外食が多くなるので、
健康や経済的にもとってもありがたいです。

ではでは、また皆様お元気で!

(新米スタッフ ミヤジマ)

 

 

北海道の保養キャンプにいってきました。

「カノン」製作だより

みなさん

 

こんにちは

 

いやぁ、今年はとにかく暑かったですよね〜

 

監督も今のところに住んでから、初めて冷房を入れたと言ってました。

(熱中症になりかけた猫ちゃんのため)

 

今日は風が少し心地よくなってきて、やっと秋が近くなった感じがして、ホッとしますね。

 

そんなとんでもなく暑い夏でしたが、

 

東京が最も暑かった8月の中旬に、

現在新作「小さき声のカノン」製作中のチーム鎌仲は

北海道で行われた保養キャンプの取材に行ってきました!

Exif_JPEG_PICTURE

北海道の左下、洞爺湖の北側にある留寿都村の廃校を使って行われたキャンプ。

冬にはスキー客が来るこの高原地帯は、一番暑くても30度を超えることはなく過ごしやすかった〜

空間がとっても広くて、気持ちの良いところでした!

 

 

このキャンプは、子供達とお母さん達が約1ヶ月の長期保養を行うというものです。

参加された親子には、福島県の方だけでなく、東京、千葉、栃木など広範囲から参加されていました。

 

 

このキャンプを主催されているのは、「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」の皆さん。

チェルノブイリ原発事故後、1992年から東日本大震災が起こるまでの19年間、

保養を必要とするベラルーシに住む子供達と日本で受け入れる里親とをマッチングさせる

”保養里親運動”を長年されてきた団体です。

しかもその中心で、巨大なスポンサーがあるわけでもなく、バザーなどで資金を集めて、

この活動を発足し長年維持してきたのは、一般の主婦の方々!

本当にすごい!

 

 

そんな多くの「母たち」に囲まれて、

生まれたばかりの赤ちゃんから小学生までの子供たちが、

怒られたり、喧嘩したり、踊ったり、泥んこになりながら、

過ごす1ヶ月。

考えただけで、楽しそうじゃありませんか?

僕も、汗だくなりながら、足をかじられながら、水かけられながら、めちゃくちゃ楽しかった!

 

 

もちろん、ただ楽しいだけではありません。

子供達の尿検査やお母さん達の勉強会などもあったり、

食事も非常に化学物質や産地に配慮されたものをとるように徹底されています。

子供達を寝かしつけた後も、食堂にお母さん達が集まって、

夜中まで想いを共有したり、真剣に話し合っているのが印象的でした。

 

 

また、お母さんたちがそれぞれの土地に帰っても続けていけるような

マッサージやお菓子作りなどの勉強会があったりと、その場限りではない、

少しでも「体と心の回復」がされるようにと様々なプログラムが組まれているのです。

 

 

長年の保養受入の経験が随所に盛り込まれた、

今、本当に必要とされている子供達の長期保養プログラムだったのではないかと思います。

 

 

様々なことがあるけれど、

きっと、子供達は忘れられない思い出になるのじゃないかなぁ。

 

 

それでは、今日はこれにて失礼します!

 

ではまたの日に!

 

 

ミヤジマ(スタッフ)
追伸:子供達が地元の畑でとった、とうもろこし!この冷蔵庫ごと欲しい!
Exif_JPEG_PICTURE

 

 

スタッフブログもリニューアル!

「カノン」製作だより

はじめまして!

というか改めまして、こんにちは。

 

ミツバチの羽音と地球の回転製作時から続いていた、ミツバチ@official blogもこれでいったんおしまいになりまして、こちらのブログが引き継ぐことになりました。

ニュースは、「お知らせ」ページでご紹介しますので、ブログの中では今後

 

・スタッフによる取材日記

・映画への感想や、自主上映会経験者からのアドバイス

・みなさんとシェアしたい重要な情報

・皆様から寄せられた写真

・オフィスで起きた珍事

 

などを随時アップしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!