3月27日 サンシップとやま 上映会レポート!

イベントレポート

<3月27日 サンシップとやま 上映会レポート>

開場と同時に、どんどんお客様が入られました!
http://kamanaka.com/theater/area03/5768/

主催者NPO 法人にぎやかの理事長、阪井さんのご挨拶です。
http://www.nigiyaka.jp/

富山型デイサービス「にぎやか」の19周年のお祝いの日でもあります。会場いっぱいのお客さまに、とっても驚いていらっしゃるという阪井さん! 司会は永井真知子さん。

12799056_1076846495713291_8857852230462536521_n

 

なぜ、介護に携わる人たちが、
「小さき声のカノン」を上映しようと思ったのか。

地域で当たり前に暮らしたい、死ぬまで家で暮らしたいという人間としてのささやかな願い、それがかなえられない矛盾。

それと通じる想いが、暮らしが、映画に描かれていると感じられたそうです。

19周年、おめでとうございます✨✨

「小さき声のカノン」上映です!
http://kamanaka.com/canon/

上映中に、ヨーロッパから帰国後初めての講演会に 鎌仲ひとみ監督が到着!

12494862_1076851132379494_7309150181724665556_n

休憩に入り、ロビーはサインを求める方、
美味しいコーヒーの順番、
おしゃべりに花が咲き・・と、まさに「にぎやか」!

12919883_1076851242379483_7954331973551543363_n

 

河内かおりさんとのトークセッション始まりました!

鎌仲>
「にぎやか」19周年おめでとうございます!すばらしい!

河内>
富山型のデイサービス、あかちゃんからお年寄りまで、障害の有無にかかわらず、生きたいように生き、死にたいように死ぬ、という当たり前のことを大事にしているんです。

12923211_1076851989046075_858529785729554793_n

鎌仲>
ヨーロッパに行ってきました。ドイツとフランスへ。イタリアでも上映をしていただきました。

チェルノブイリから30年福島原発事故から5年ということで、300もの催しが開催されていて、招かれました。

「忘れないことによって過ちを繰り返さない」、というドイツ社会。日本はどうか?

私たちが抱えている社会の問題は、誰かが解決してくれるわけではない。

ドイツのあちこちでさんざん聞かれたのは、
「ドイツは、チェルノブイリがあってもやめなかったけど、福島の事故があって原発をやめる、と決めたのに、なぜ日本は止めないのか。」

ドイツの学生は、近代史に詳しい。交流に招かれた福島の学生たちは、日本の近代史を聞かれ、なにも答えられなかった。彼等はヨーロッパに行って帰ってきてから、変わった。

教育が違う。疑問を持って、問うという姿勢。

私たちがやっていることも、全世界に影響を与えていることをひろい視野で見ることが必要。

日本政府は 子どもたちの命よりも、
原子力産業がだいじなんだと思います。

「大義のためには、多少の犠牲はやむを得ない」という考え方は、
戦争のりくつと同じ。 

河内>
映画を初めて見たときはあたまがぱんぽんでよくわからなかった。遠い世界のことのように感じていた。

でも、ゆっくりとパンフレットの台本を読んでいくと、(ふせんがいっぱいついていました)
泣いてばかりいたおかあさんたちが 少しずつ、変わってきていることがよくわかった。

私はソーシャルワーカーなのに、気づけなかったが、小さな変化に 監督が寄り添っているのを感じた。

鎌仲>
3年半も撮っていましたから・・。

まだまだ保養をしなくてはいけないのに、日本では関心が落ちてしまっていて、どこもお金が集まらない。  

イタリアでは年間五万人、チェルノブイリの子を受け入れている。彼らは決して年収は高くないけど、いっぱいハグされて帰ってくる。自分は大事な人間であるという実感で、こどもたちは元気になるんです。

ドイツはシリア難民も100万人受け入れている。ベラルーシだけでなく、福島の子たちも受け入れている。

日本でも、「保養」を文化に。すこしのカンパでもいい。365日のうち、近くで行われている保養にちょっとだけ皿洗いに行くだけでもいいんです。お野菜をもっていくだけでも。でも、現金がいちばんです。

この会場にも保養に取り組まれている方、いるでしょう?
ぜひカンパしてあげてくださいね。

::::::::::::

上映二時間、トーク1時間と長丁場にもかかわらず、
100人以上の方々が最後まで残り、集中して熱心に
聞いていらっしゃいました。

学びたい、知りたい、という熱気があり、観客のみなさんも
多様性と笑顔にあふれた、すてきな上映会でした!

12049652_1076885055709435_6613460780588208383_n

「にぎやか」のみなさま、スタッフのみなさま、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

 
+*+*+*+*+*+
 

KNBニュースが報道してくれました。ありがとうございます。HPでニュース映像をみることができます。

http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=10698

KNBニュース 2016年3月27日

「にぎやか19周年「普通に生きて死ぬ」を考える」
富山型デイサービスを提供するNPO法人「にぎやか」の19周年を記念し、きょう、富山市で映画の上映会とトークショーが行われました。

サンシップとやまで行われたこのイベントは、富山型デイサービスを提供するNPO法人「にぎやか」の19周年を記念して行われました。

氷見市出身のドキュメンタリー映像作家鎌仲ひとみさんが手がけた、東日本大震災後の福島県で放射能の危険から子どもたちを守りたいと奮闘する母親たちの姿を描いた映画「小さき声のカノン」が上映されました。

その後、鎌仲さんとソーシャルワーカーの河内かおりさんによる
トークセッションが行われ、「普通に生きて、一生を終えること」の大切さや、それを支援する「にぎやか」と福島の母親たちの共通点が語られ、参加者らが興味深く聞いていました。

 

5/17(日) “vege&fork” トーク出演!!

イベントレポート
 

本日、”vege&fork”にて、鎌仲ひとみ監督が雑誌「veggy」の吉良編集長とのトークイベントに出演致しました。http://vegeforkmarket.com10年を迎えるvege&fork marketには、たくさんのお母さ…

Posted by 小さき声のカノン―選択する人々 / Little Voices from Fukushima on 2015年5月17日

11/1(土)『小さき声のカノン』が東北芸術工科大学にて特別先行上映されました!

イベントレポート

Exif_JPEG_PICTURE

2014年11月1日(土)、山形の東北芸術工科大学で『小さき声のカノン』が特別先行上映されました。

『小さき声のカノン』完成後、初めてのスクリーンでの上映。監督もスタッフの私もやや緊張していましたが、上映終了後には、会場から

大きな拍手が!

3年半という製作期間を経て、ようやく皆さんにお届けできる第一歩を踏み出せた喜びをかみしめつつ、これまで支援してくださった皆さんのおかげで、ここまで来ることができたんだなあ、ということをあらためてひしひしと感じています。

上映後には、鎌仲監督に加え、石田朝也さん(『無知の知』監督)、石森秀彦さん(「小さき花 市民の放射能測定室 仙台」代表)、林海象さん(映画監督・東北芸術工科大学映像学科学科長)、そして若い学生の二人である浦田沙緒音さん(京都造形芸術大学3年)、福島県出身の八島千尋さん(東北芸術工科大学1年)によるトークライブがおこなわれました。

Exif_JPEG_PICTURE

日々感じていることや、社会に対する思いを熱く語る浦田さんと八島さんの二人に、鎌仲監督をはじめとする”大人”チームからは、さまざまなアドバイスや熱いエールが。鎌仲監督は、「まずは自分たちのまわりや、目の前にいる人たちに目を向け、丁寧に一対一のコミュニケーションをとってみることが大切。そして、一緒に活動を継続していける仲間を増やしてほしい!」というメッセージを二人に送りました。

また『小さき声のカノン』について、福島県出身である八島さんが

「当事者として、とても胸に突き刺さる作品だった」

と語ると、林海象さんが

「どっちがいいのか悪いのかではなく、問題がこれからもずっと続くということ、また(福島というより)”日本人”を描いている」
「普通は”ハッキリしたこと”をやりたくなるのに、初めて”ハッキリしない”ところに踏み入った映画。すごいところに(鎌仲さんが)入ったな、と」
「何か道はある、ということを指し示す映画」

と、熱い感想を語ってくれました。

Exif_JPEG_PICTURE
林海象さん(右)のコメントに、監督もスタッフの私も胸が熱くなる

イベント終了後も、たくさんの方々が感想を伝えに来てくださいました。
山形の皆さんのあたたかい人柄と、学生さんと一般の方が交流しながら、議論を交わす場の素敵さに大感激した一日でした!

Exif_JPEG_PICTURE
今回の先行上映会を企画してくださった田中勝さん(東北芸術工科大学 文明哲学研究所)とツーショット

今回の上映を皮ぎりに、これから、全国にみなさんに『小さき声のカノン』をお届けする旅が始まります。
引き続き、応援よろしくお願いいたします!!!

~おまけ~

Exif_JPEG_PICTURE
打ち上げに来てくださった皆さんと一緒に!

山形の人々のあたたたかさと、食べ物のおいしさに感激!!ありがとうございました!

大盛況!! お台場で行われた”土と平和の祭典 2014″に参加しました!!

イベントレポート

子どもと青空

 

こんにちは

2014年10月19日、今年で8回目を迎えた“土と平和の祭典 2014”に、
鎌仲監督とカノンチームで参加してきました!

例年日比谷公園で行われてきた、この食と農の祭典ですが、
今年は、お台場潮風公園で初めて行われました。

青空

 

昨年は大雨で、靴が脱げるほど土がぬかるんで、まさに田んぼのような状態だったのですが、今年はスキッとした秋晴れで気持ちいい天気の中での開催になりました。

土と平和の祭典
イベント当日、鎌仲監督はミニトーク含めて3回トークに出演いたしました。

ミニトークでは、少人数のお座敷スタイルで2時間連続でトークしたのち、
メインステージで行われたトークでは、司会が種まき大作戦の実行委員長のYaeさん、
そして、六ヶ所村ラプソディーにもご出演された菊川慶子さんとのセッション。

菊川さんの変わらずの穏やかながら強い意志を持ったお話と、
Yaeさんの素敵なリードでとても良い時間となりました。
トークは白熱し、たくさんの方にもご覧頂きました。
まことにありがとうございます!

 

そして、この日、、、
いよいよ「小さき声のカノン」の前売り券の先行販売がスタートしました!

 

 

記念すべき第一号のお客様は、この方!
ありがとうございます!!!!!!!

前売り券第一号!
ここまでの道のりを思うと若干ジーンとする私ではありましたが、
これからがスタート!

みなさまにも早くお届けできるように準備を進めておりますので、
公式サイトメルマガも引き続きチェックをお願いします!

7月10日、西日暮里カマレポ♡カフェのご報告♪ どんどん次につながり、広がりそうです!

イベントレポート

10481628_637191943042841_8441384961959530608_n

10462707_637191956376173_1483964781420113675_n

2月のカマレポ♡カフェ・キックオフにも参加してくださった 橘薫さんから、7月10日の西日暮里でのカマレポ♡カフェの報告をいただきました!これからの新しい動きが、どんどん展開していきそうな、わくわくするご報告です!

 

+*+*++*+

7/10「カマレポ♡カフェ」in 西日暮里 報告
埼玉・横浜・新宿・目黒・荒川・葛飾から集まったそれぞれのメンバーひとりひとりが今の現状を充分に把握し、さらにどうやったら多くの人たちに事実を福島・日本の現状を伝えることができるかを真剣に考えているアクテイブな皆さんで、とても中身の濃い時間になりました。
その日の夜からは台風による大雨の警報が発令されていたり、夕方からの中途半端な時間帯という…今回は一番集まりにくい日程となってしまったため、
次回につなげられるような話し合いをもりこみ、さっそく終了後には会場提供者の方がオーナー登録をして、次回開催が決定しました。

次回は夜の会で、また様々な取り組みをしている方や日中仕事で、なかなかゆっくり話をする機会が少ない方の参加につながることでしょう。

また、DVD販売も6本となり、そのうち2名の方が申し込み用紙を持ち帰り、内容検討中です。

日程、会場、参加者(対象者)などの相談に乗り、ぜひ22日のキャンペーン期間に間に合うよう開催していただく予定です。

「ミラクルネット」の名のごとく、全国に散らばるたくさんの可能性をつなぐ、このツールで「小さな奇跡」をあちこちに広げて行きますね。

 

+*+*+*+*

 

カマレポ♡カフェの申し込み~開催までの流れがとてもわかりやすくなりました!お申し込みはぜひ!特典つきの7月22日までに!

http://kamanaka.com/news/3108/

「カマレポ♡カフェの申し込み~開催までの流れ」のページがわかりやすくなりました!

「カマレポ♡カフェの申し込み~開催までの流れ」のページ

ぜひ!キャンペーン期間中の7月22日までに、お申し込みください!(上映は秋でも大丈夫!内容の変更もOKです) 目指せ100ヶ所!

 

 

 

カマレポ♡カフェ@京田辺の第二回レポート、到着しました!

イベントレポート

10347231_907341885959185_5215997186915147020_n

 

 

京田辺の相馬のりこさんから、二回目のイベントのご報告です!
内容も充実していて、感想も素晴らしい、アンケートをとってみるのもいいですね。ありがとうございます!

みなさまも各地のニーズとアイデアを持ち寄って、オリジナルの会を開催してみてくださいませ♪

カマレポ♡カフェの申し込み~開催までの流れがとてもわかりやすくなりました!お申し込みはぜひ!特典つきの7月22日までに!

http://kamanaka.com/news/3108/

+*+*+*+*

6月24日、カマレポ カフェ@ 京田辺の第2回イベントを行いました。

今回もおなじみとなりつつある地元の方々、移住者、奈良や枚方などの遠方の方、初めてご参加される方も足を運んでくださいました。
内容はカマレポ動画のVol.4〜Vol.7の上映、少数に別れての茶話タイム、政府交渉と院内集会について、宇野郎子さんからの最新情報レポートでした。
会場では関連書籍・DVD、ふくしまkids デザインのTシャツやバッグの紹介と物販も行いました。
『小さき声のカノン』クラウドファウンディングへの合同カンパも呼びかけ、応えていただきました。
また有志による焼き菓子とハーブティーでのおもてなしもご用意できました。
映像を見守りながらいろいろな想いを感じ、ハンカチで目頭を押さえる方もおられました。
カマレポカフェはただ一人で家で見るのとは異なり、会場の人たちと共に空間と時間、ある種の体験を共有でき、気持ちを合わせることができるように思います。さらにその気持ちをシェアすることで深める事ができ、素晴らしい機会だとあらためて感じました。

★アンケート結果から感想と要望を抜粋でご紹介させていただきます。

○ご感想
・シェアリングや宇野さんのお話で理解が深まりよかったです。おいしいお菓子やお茶もいつもありがとうございます。
・今日、見る事ができてよかったです。皆に伝えますね。
・福島県の姿勢にはショックと憤りを感じた。
・チェルノブイリの現状を映像を通し、見聞きし、事故当初は今の日本同様隠蔽をして、それにより命を落とした方が沢山居たのだと胸が痛みました。日本もこの隠蔽体質をどうにかなくし、真実を伝え、国民一人一人に届く事、そんな世の中に期待して買えていかなくてはと改めて思いました。
・色々なことが少しつながって、腑に落ちたような気がします。
・他の人を連れてくる、興味をもってもらう大切さを感じました。

○ご意見、ご要望
・上映後のシェアの時間がたっぷりあるといい。
・ずっと続けていただきたいです。次回も楽しみにしております。
などなど…。

簡単ながら、イベントのご報告とお礼でした。

+++++++

朝活イベント カマレポ♡カフェVol.4 鎌仲監督をお迎えしました!@ピープル・ツリー次回は7月12日「こども全国ネット」の中山さんがゲスト!

イベントレポート

連続上映開催中のピープル・ツリーのマスオカさんが、またレポートを書いてくださいました!次回は7月12日に「こども全国ネット」の中山瑞穂さんをゲストに!

+*+*+*+*+

朝活イベント カマレポ♡カフェVol.4 鎌仲監督をお迎えしました!

http://magazine.peopletree.co.jp/archives/1946

朝活イベント「カマレポ?カフェ@ピープル・ツリー自由が丘店Vol.4」は、6月15日(日)に鎌仲ひとみ監督をゲストにお迎えし、参加者も25名で大いに盛り上がりました。
その報告と7月、8月開催のご案内をいたします!

20140624_00

はじめに「カノンだよりvol.3」よりカマレポno.8. チェルノブイリ原発の”ゾーン(立入り禁止区域)”近くの街、ベラルーシのホイニキの教育現場を取材した「かつての汚染地に帰還する子どもたち」と、宮城県仙台市にある「小さき花 市民測定室」石森さんを取材したno.9.「「小さき花」が広がるように!」を上映しました。
どちらも鎌仲監督に補足説明をしていただいたので、より理解が深まりました!

上映後は、鎌仲監督に、今秋公開予定の最新映画「小さき声のカノン」のお話をしていただき、その後は参加者からの質問タイムをたっぷり設けました!

参加者の感想を少しご紹介します!

● 何よりも勇気づけられたのは鎌仲監督の元気で明るい姿。
「日本はまだ個人が自由に意見を発信できる、恵まれた国よ。」とのひとこと。
まずは正しい知識を身につけ、関心を持ち続けることから始めたいと思います。

● 印象に残ったのは、ベラルーシでは当時ロシアの事故の被害国だったがために、被害国として科学者たちが どんどん正確な情報を発信し、科学者たちが土壌汚染マップや様々な活動に尽力し、彼らがそれを非常に誇りに思っていること。翻って、当事国である日本は、科学者たちも政治的なことを考えて発言・発信しないと、助成金とか大学との関係とか様々な問題が絡むので、どんどん情報を発信しにくい状況だということ。3.11以降、一人ひとりがそれぞれ折り合いをつけて生活してきている中で、こうした正確な情報がどれだけ重要な判断材料になるかを考えると、色々と考えさせられる内容だった。

ともかく、鎌仲監督のフットワークは軽く、パワー全開!今の日本は、シリアやエジプトなど抑圧された国と比べたら、市民が声をあげられる国なのだから、一人ひとりが声をあげなくっちゃ何も変わらないと!

 

終了後は、ピープル・ツリーの食品も取り扱ってくださっているToday’Specialのカフェ、Today’s Tableにランチに行き、楽しいひとときを過ごしました。
監督はこの日、カマレポ?カフェをはしご!ランチ後は次の会場である青海に足早に向かったのでした!

参加してくださったみなさま、鎌仲監督、本当にありがとうございました!

明るくて気さくな監督のパワーのおかげで終始なごやかなムードで会を進めることができました。
映画が完成しましたら鎌仲監督にまた来ていただきたいです!

 

また、6月29日に川崎市にあるシネマ・カリヨンで鎌仲監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」を上映するかたが参加してくださいました。
とってもよい映画なので、まだ見らえていないかたは、この機会にぜひ!

カフェ・カリヨンのホームページ、のぞかせてもらいました。
ママ&キッズルームもあって、とても素敵な空間ですね!私も子供とおじゃましてみたいです!

http://kamanaka.com/theater/area02/2468/

 

次回7月のカマレポ♡カフェ@ピープル・ツリー自由が丘店は、
2014年7月12日(土)午前9:00 ~ 11:00まで (受付8:50より)。
上映後のおしゃべりタイムには、「NPO法人子ども全国ネット」事務局・広報担当の中山瑞穂さんがゲストです。

8月は「カマレポ♡20140624_01カフェ x 憲法カフェ」と題して、弁護士の武井由起子
さんをゲストにお迎えします。
8月3日(日)  9:00 ~ 11:00(受付8:50~)

どちらの回も、ご案内はこちらから。

http://www.peopletree.co.jp/shop_jiyugaoka/index.html#140615

カマレポカフェin三重、楽しく開催中!次回は21日(土)!

イベントレポート

「カマレポ♡カフェ」を毎月開催してくださっている三重の桃田さんから、おたよりをいただきました!

写真もすごく楽しそうですね!みなさんも、自分のちかくで対話と発信の場をつくってみませんか?そうむずかしいことではありませんよ!

+*+*+*+*+*+

こんにちは、三重県の桃田です。遅くなりましたが、先月開催の「第一回カマレポカフェin三重」のご報告をさせていただきます。
5月15日、三重県四日市ボンドカフェキッチンというカフェで開催し、昼の部は15名、夜の部は10名の方々にご参加いただきました。また、懇親会には13名のかたに参加いただきました。

当日はタイムリーな「美味しんぼ」のお話しなどを交えながら、深刻で重くなりがちな内容を分かりやすくかつ丁寧にお話しくださった鎌仲ひとみ監督のお話は、とても楽しくまたとても前向きな気持ちになりました。監督には撮影や編集でお忙しいなかお越しいただきありがとうございました。主催者の私達もたくさんのパワーをいただき、大変感謝しております。

監督がのちほど感想をご自分のウォールでも書いておられますが、参加者も監督に負けないくらい個性的な方が多くとっても濃いお話会となりました。来て下さった中にはこういったお話会に初めての参加者もいらっしゃり、そういった方々にとっては衝撃な内容も多々あったようです。そういったお話も監督本人からしてくださることで説得力をもって訴えることができたと思います。

主催者の私自身、事故後3年が経ち仲間が減っていくなかでこういった活動を続けていくことに悩みながらの日々ですが、今の状況を知らない人たちがまだまだたくさんいることを今回思い知らされ、自分たちがしなければいけないことがまだまだ沢山あることに気づかされました。そしてこういった活動をしていくにあたり、監督のようにポジティブに強くしなやかに生きていく必要があるのだということを、身をもって教えていただきました。本当にありがとうございました。

「カマレポ♡カフェin三重」は今後毎月開催します。
次回は来週土曜日です。
日時は6月21日午後2時~4時
場所は第一回目と同じボンドカフェキッチンです。
【第二回カマレポカフェin三重】
https://www.facebook.com/events/575401959241334/ 

 

 

10417609_415247408618030_2218040096777818113_n 10380317_415247275284710_622042591779944896_n 10415653_415247391951365_289828772322019600_n 10367820_415247248618046_5850672787516762029_n

京都でカレーつき、カマレポ♡ほっこりカフェ@堺町画廊

イベントレポート

kamarepo kyoto1 kamarepokyoto kamarepokyoto 2

 

5月16日*京都 「カマレポ♡ほっこりカフェ」 を、 http://kamanaka.com/news/event/2536/
主催者の浦田千恵さんがレポートしてくださいました♪

+*+*+*

鎌仲ひとみ監督をお迎えして開催しました!

『カマレポ♡ほっこりカフェ
カノンだよりVol.2上映会&鎌仲監督とわいわいトーク』

———————

京都の元は医院の廚(お台所)をギャラリーにしていらっしゃる堺町画廊の吹き抜けの素敵な空間で、カノンだよりVol.2の上映と監督のトークを開催しました。

主催の「チームカマレポ京都」は、鎌仲さんが参加されたイベントで偶然同じテーブルについた4人が、この出会いで何かしたいね!と結成しました。

4人とは、いわき市から避難移住したKensuke&Mie 夫妻と郡山市から避難して来ていたMamiさんと東京世田谷から移住した私です。

昨年12月に出会った私たちは、2月に1回目の上映会&トークをしました。
その時も場所は堺町画廊で、京都のデモを撮り続けている方に写真を提供していただき、写真展も同時開催し、上映後のトークでは「デモ」に参加し続けているみなさんにお話をしていただき、「これからどんな伝え方が共感を得るためにはいいんだろうか」というテーマで意見交流をしました。
ちょうど「美味しんぼ」が大問題のように大騒ぎになっていましたので、とても熱いトークセッションになり、時間はあっという間に過ぎていきました。

チームカマレポ京都の上映会は、Kensuke&Mie 夫妻がシヴァレストランという名前で野外イベントに出店されているので、2回とも「カレー付き上映会」なんで
す。
上映会とトークのセットですと、やはりお腹が空きますし、美味しいものがあると、みんな笑顔になって心も柔らかくなる気がします。
カマレポカフェは美味しいもの付きが多くていいなと思います。
だんだんと言いたいことが言えなくなりつつある不安のなかで、全国で小さくても話がしやすいカマレポカフェがたくさん開催されて、賢くて意識の高い、発信する市民の輪が広がっていくことを心から願っています。
カマレポカフェに参加した人が、またカマレポカフェを開催していくという連鎖、拡げていけたらいいですね~♡

******

浦田さん、京都のみなさま、ありがとうございました!

「カマレポ♡カフェ」をひらいてみませんか?夏休み前のキャンペーン実施中!(~7月22日まで)
http://kamanaka.com/news/2245/

 

 

長野市善光寺さんの近くの「まほう堂」でカマレポ♡カフェ♪レポート

イベントレポート

ringohoppe1 ringohoppe2

 

長野でカマレポカフェを開催してくださった「りんごほっぺの会」の三井さんと、西林さんからの、当日のレポートが届いていますのでご紹介します♪

りんごほっぺの会に関してはこちらのHP をご覧ください。
http://ringohoppe-nagano.jimdo.com/

+*+*+*+*

長野のりんごほっぺの会の西林です。よろしくお願いします。昨日、長野市善光寺さんの近くの「まほう堂」でカマレポカフェを開催しました。初回なので№0.1.2を上映しました。15名+ちびちゃん達の参加でした。カマレポを見た後、お茶しながら皆で感想をシェアしました。まだまだ話したかったけれど、子連れだと1時間半でちょうどよかったです。皆の感想、意見、ちょっとご紹介します。

○日々の暮らしの中で忘れそうな福島の事を考えられてよかった。
○知って自分のもの(知識を)にしていかなきゃいけない。
○3年経ったから「じゃあどうしていくのか」を話さなければ。
○自然な暮らしをできることから実行。体力を使って手をかけて。
○私は怒っているんです(今の社会に)。皆もっと怒っていいよ。
などなど、盛り上がりました!

行政の放射能検査では、ほとんど数値の出ていなかった長野で、ちょうど数日前に「長野市産のコシアブラから340ベクレルで出荷停止」というニュースが出て、ちょっと緊張感をもった後だったので放射能問題を考え直すいい機会になりました。

+*+*+*

ありがとうございました!

長野では、今後もカマレポカフェを継続して開いてくださいます!

http://ringohoppe-nagano.jimdo.com/

次回「お母さんの会」はりんごほっぺのカマレポ♡カフェ第2弾

日時:6月6日(金)10時半~12時
場所:長野市ふれあい福祉センター4F和室
長野市大字鶴賀緑町1714-5 長野市役所東側です

カマレポ№3.4.5を上映予定。その後感想や、気になる事をおしゃべりしましょ。

お母さんの会では
放射能のこと、気になることなどを話し合っています。
小さなお子さん連れのお母さんもたくさん参加しています。
予約不要ですのでどなたでも気軽にご参加ください。

「お母さんの会」は色々な人とオープンに交流する場です。
放射能について、家での食事や普段の生活の中で気を付けていることなどを気軽に意見交換しています。

 

☆☆ カマレポカフェを開いてみませんか?
☆7月22日までキャンペーン中★
http://kamarepocafe.jimdo.com/