「MOKU」7月号に、鎌仲ひとみ講演録が掲載されています!「被ばくの内実を知る、原爆から原発そして劣化ウラン弾まで」

お知らせ

201407きる!

客員教授を務める京都造形芸術大学での、「第5回平和文明会議」での基調講演です。

「被ばくの内実を知る、原爆から原発そして劣化ウラン弾まで」
http://www.kyoto-art.ac.jp/events/452

鎌仲監督の経験や知識から来る行動の動機を、しっかりとまとめて読むことができます。

「MOKU」には、他にも読み応えのある文章がいっぱいです!
残念なことに本屋さんでは売っていないのですが、こちらのページから申し込むことができます。
「立ち読み」のページもあるので、ぜひご覧ください。

本誌には「原爆の図」のカラー写真も。 おすすめです!!

月刊MOKU2014年7月号(最新号)
1,714円+税(送料込)

http://www.moku-pub.com/back_shousai/201407.html

 

独慎抄
「国民主権」の危機 ―閣議決定で憲法を変えてはならない!

【特集】彷徨うジパング(Ⅰ)
―フェードアウトする立憲主義―

「民主主義を裏切る資本主義」
―立憲主義の憲法を捻じ曲げて消される民主主義―
●社会学者 大澤真幸
●本誌主筆・京都造形芸術大学教授 井原甲二

日本国民はなぜ崇高な理想を掲げたのだろうか
―国民一人ひとりを大切にする
立憲主義の破壊を阻止するために―
●弁護士・伊藤塾塾長 伊藤 真

【ビジュアル】生への愛しみ「原爆の図」

【年表】人類の戦争史

戦争という現実からの問いかけ
●人類学者・大阪大学大学院教授 栗本英世

【コラム】戦争は人間の原罪か?①

自衛隊を変えてはいけない!
●ジャーナリスト 半田 滋

【Q&A】立憲主義のここが知りたい!

【コラム】戦争は人間の原罪か?②

「助太刀できぬほどの化け物パンダでござる!!」

【シリーズ】「眼」─近現代文明の前提を疑う!
被ばくの内実を知る 原爆から原発そして劣化ウラン弾まで
●映画監督 鎌仲 ひとみ

【好評連載】
いのちのサンサーラ<41>
わたしにとっての「パルムドール最高賞」
●映画作家 河瀨直美
屋根ノ上ニ居リマス<5>
子どもとラジオ
●森と風のがっこうコーチョー 吉成信夫
考える根<14>
国富の喪失
●ジャーナリスト・京都造形芸術大学教授
秋山豊寛
兄への手紙<5>
異母兄
●作家 下重暁子
にっぽん人情小噺<102>
演歌床屋
●落語家 三遊亭鳳豊
歴史的な波頭に立って<49>
富岡製糸場と吉田松陰をつなぐ糸
●歴史家・麗澤大学教授 松本健一
世相を斬る!<37>
「独り」に充電されていく
●公益社団法人「日本駆け込み寺」代表
玄 秀盛
時空の旅人<74>
人類火星移住計画
●生物学者  長沼 毅

[検証]もう一つの『菊と刀』<16>
日本人洗脳計画の原点
●明星大学教授 高橋史朗
続・心語余滴<73>

【グラビア】
<新連載> LIFE ON THE EARTH
人間のいる場所
●フォトジャーナリスト 長倉洋海
photo Ryojinhisho<66>
TAWAMURE
●写真家 大橋 弘