「能登」(地産地消文化情報誌)春号に、鎌仲ひとみ監督の大特集が掲載されています!

お知らせ

熊本を中心として、大分など九州地方の大地震。 被災されたみなさまには心からのお見舞いを申し上げます。 
熊本は311以降に移住された方も多く、保養にも熱心に取り組まれている地域です。

新幹線や飛行機はすぐに止まるのに、川内原発は多くの反対の声にもかかわらず稼働し続け、

そのさなか、伊方原発の7月再稼働、高浜原発1、2号機が審査合格というニュースが舞い込みました。言葉を失いそうになります。

 

さて、 4月16日から石川県の能登地方を中心に県内各地で販売されている

季刊の地産地消文化情報誌 「能登」 の春号に、
http://m-noto.jp/topics/index.html

 

12993416_1314747641872862_1076765406188702452_n

 

映像作家 鎌仲ひとみさん(氷見市出身)に聞く
「子どもたちを被ばくから守ることができる」ということを伝えたい。

 

ということで、鎌仲ひとみ監督が大特集されています!!  なんと 7ページも!!!

13007224_1314759358538357_1270281166395837453_n

10486419_1314761951871431_4231724474866229832_n

 

最新作「小さき声のカノン」のみならず、鎌仲監督の映像制作のルーツや

核をめぐる三部作すべてにふれ、

新しく始めたキャンペーンのことも詳しく紹介。

たくさんの写真も掲載してくださっています!

 

今年、「チェルノブイリから30年、フクシマから5年の節目の年に、原発や被爆、核や戦争の問題を鎌仲監督の活動を紹介したい」と、ご依頼を頂きました。

能登と鎌仲監督の故郷、富山県氷見市は、地理的にとても近く、文化圏も同じなのです。

 

このゴールデンウイークには、自然豊かな能登の門前町と珠洲市でも、保養が企画されています。 

全国でもたくさんの方々が、この連休に、子どもたちを受け入れるために宿の準備や布団干し、募金、野菜や飲み物、調味料の調達にと、走っていらっしゃることでしょう。

 

もちろん「保養の重要性」についても書かれています。 

是非、ご購入いただき、全国のみなさまにもお読みいただきたい特集です!

 

13055373_1314747561872870_4954937296000229882_n

 

金沢市内のホテルなどにも設置されている有名な雑誌です。

13001224_1314747521872874_3689650004331748686_n

 

石川県内では、

6月26日(日)に能登・穴水で「小さき声のカノン」の自主上映会を企画してくださっていますし、

金沢市内中心部の映画館 シネモンドで NO WAR KNOW NUKES 

「ヒバクシャ -世界の終わりに」、NOddINの作品の上映も決定!

http://www.cine-monde.com/

初日の6月11日(土)には、NOddINの丹下紘希さんがトークゲストとして来館されることになっています!

 

まもなく、チェルノブイリ原発事故から 30年。 

 

「能登」さん、素晴らしい特集をくんでいただき、感謝いたします!

                                        staff コハラ

13076660_1314759321871694_6647238517602463564_n