【イベント】6/11 THE FUTURE SESSIONS開催決定!! ゲスト:後藤正文さん、相馬高校放送局OG

お知らせ

FB_cover-01

「THE FUTURE SESSIONS」開催決定!!【学生無料】

司会 鎌仲ひとみ(映画監督、映画『小さき声のカノン』)
ゲスト 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION、『THE FUTURE TIMES』編集長) 
相馬高校放送局 OG

2011年3.11から6年。私たちは混乱と激しい変化の時期を過ごしてきました。
激震と津波で大切な命が失われ、原発が爆発したその後の時代に、いったいどうしたらいいのかも解らず、右往左往しながら何ができたのだろう、何をしたら一番良かったのだろうと今、自問しています。

どこにこれから向かうのか。自分で考え、自分で選ぼうにも、悩みは深まります。どうしたらいいのかわからない気持ちにもなります。

今回のイベントでは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんと、演劇「今、伝えたいこと(仮)」で自分たちの思いを発信していた相馬高校卒業生を交えてトークセッションをします。

ずっと、後藤さんとお話したいと思ってきました。後藤さんが、震災後発行してきた新聞「THE FUTURE TIMES」を最初から読んできて、そこに込められた未来を展望する眼差しにとても共感してきたからです。取材で培われた知見にも触れたいと願っています。また同時に、私自身が取り組んできた「小さき声のカノン」が直面した本質的な問題についても語りたいと思っています。卒業生には、この6年何を考えて来たのか、今未来を生きる若者として何を感じているのか、お話いただけたらと思っています。

今回のトークセッションで震災7年目をポジティブな心持ちで私たちが活動をいかに続けていけるかを探りたいと願っています。後藤さんの著作のタイトルにあるように「何度でもオールライトと歌え」のスピリットを皆さんと共有したいと、法政高校教員の方々と企画しました。ぜひ、ご参加下さい。

日時:2017年6月11日(日) 開場13:30 開演14:00 終演 17.00予定
場所:法政大学市谷キャンパス富士見ゲート4階「G403教室」
料金:資料代 2,000円 / 学生 無料(学生証をご持参ください)

ご予約はこちら:http://futuresessions.peatix.com/
※予約制ですので、ご予約ください。※

主催:ぶんぶんフィルムズ、法政高校教員有志の会

問い合わせ:ぶんぶんフィルムズ
E-mail movie@kamanaka.com 
TEL 03-6379-3938 (月〜金 11:00~17:00)

★~~~~~~~~★

登壇者プロフィール
Gotch_Main_Y4A6842

【後藤正文】
1976年生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、楽曲のほとんどの作詞作曲を手がける。これまでにキューンミュージック (ソニー)から8枚のオリジナル・アルバムを発表。2010年にはレーベル「only in dreams」を発足し、webサイトも同時に開設。2012年からソロワークスとしてGotch名義での活動を開始。2017年4月に最新シングル『Taxi Driver』を発表。また、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞「THE FUTURE TIMES」を編集長として発行するなど、音楽はもちろんブログや Twitter での社会とコミットした 言動でも注目され、後藤のTwitterフォロワー数は現在 300,000 人を超える。最新著書『何度でもオールライトと歌え』(ミシマ社)。
THE FUTURE TIMES http://www.thefuturetimes.jp/
Gotch http://gotch.info/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【相馬高校放送局】

相馬高校放送局は震災直後から高校生の視点で震災を伝える活動を続けてきました。その活動は東京新聞や朝日新聞オピニオン欄などで大きく取り上げられ、2013年には高校生として初めて日本ジャーナリスト会議特別賞を受賞しました。(これまでの歴史において、高校生作品は受賞のみならずノミネート自体初めてのことです。翌年の受賞者はむのたけじさんです。)。同年7月には第60回NHK杯全国高校放送コンテストテレビドキュメント部門でも優勝しています。福島におけるコンテストのみ評価は低いのですが、マスメディアでは取り上げられない高校生の声を聞くことができると、国内はもとより国外でも高い評価を受けています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
kamanaka
【鎌仲ひとみ】

映像作家。早稲田大学卒業と同時に映画制作の現場へ。フリーの映像作家として、NHKで「エンデの遺言―根源からお金を問う」などテレビ番組を多数監督。イラク取材をきっかけにドキュメンタリー映画制作を本格開始。「ヒバクシャー世界の終わりに」(2003)、「六ヶ所村ラプソディー」(2006)、「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010)の核を巡る3部作は累計3,000カ所以上で上映。2015年「小さき声のカノン」を劇場公開。日本のみならずドイツ、イタリア、アメリカなど世界11カ国にも上映が広がっている。現在は国内外での講演や、学びを深める連続講座を主催、映像制作発信を続けている
2011年度全国映連賞・監督賞受賞。多摩美術大学非常勤講師。
公式ホームページ http://kamanaka.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~