東京新聞・言いたい放談  王様は裸だ (2013・9・25)

メディア

王様は裸だ

東京新聞 「言いたい放談」
2013年9月25日(水) 朝刊放送芸能面に掲載

 

目下、福島で新作映画の撮影を続けている。毎日、旅館で地元の新聞を広げる。十四日の福島民報の見出しにこうあった。

「汚染水制御できず」「トラブル続き 首相発言とは程遠く」福島民報に限ったことではない、日本中のほとんど全てのメディアが安倍首相の「汚染水はコントロールできている」発言に苦言を呈したのではないか。

これが「うそ」だと、日本中のみならず世界中が知っているが、だからと言ってオリンピックが東京で開催される決定が覆される訳ではない。こんな状況をどう捉えたらいいのか。オリンピックに使うお金があっても、福島の被災者に使うお金がないのか、とか、これでいっそう風化が加速する、などの声が聞こえてくる。

人間、誰でもうそをつくときがあるだろう。しかし、これは一国の首相が公の場でついたうそであり、前代未聞だ。これにあきらめの空気が広がっている。その空気に身を委ねれば、裸の王様を担ぐ行列の一員となる。行列の外から、王様は裸だと指摘し続けたい。福島の人たちは悔しいはずだ。もちろんオリンピックそのものをネガティブに捉えている訳ではない。国民を守る、その基本ができていないのにオリンピックや原発を海外に売ろうとする姿勢が恥ずかしく、悔しい。それはもちろん、福島の人に限った気持ちではないはずだ。

(映像作家)

 

BU9W60YCYAEV8ma次回は10月2日(水)に掲載予定です。

どうぞお楽しみに!