★千葉・静岡・大分の皆さま★三連休は是非「ミツバチの羽音と地球の回転」を観にいきませんか♪

イベント

Exif_JPEG_PICTURE

 

この三連休は、全国各地で「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映があります。
お近くの方、是非ともシェアしてください(*^_^*)

 

●【11/3(日)@千葉県・匝瑳市】

先日ご紹介した匝瑳市の上映会!詳細はこちらから
http://kamanaka.com/news/event/1366/

監督トークもございます♪

 

●【11/4(月祝)@静岡県・浜松市】

http://kamanaka.com/theater/area03/555/

浜松市雄踏文化センター 浜松市西区雄踏町宇布見5427
【プログラム】開場13:30/開演14:00

【参加費】1000円(当日1200円)高校生以下500円

【主催】グループ「映像とわたし」

【問合せ先】﨑たえ子①053-592-7509/①090-7318-2279
taeko_saki●hotmail.com(●を@にしてください)

********************

人口の少ない町で、普段は子ども向けの映画の上映をされている方々の主催です。

2011年、静岡県浜松市にあるシネマイーラという映画館で
「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映がありました。
当時、劇場に足を運んでくださった方が、映画を観て、とってもとっても印象に残っていて、
いつもは子ども向け映画をやるこの会で、異例のドキュメンタリー映画への挑戦を決めてくださったのです。

何とか町の人たちにこの映画を見せたい、と、とっても熱心に準備してくださっていますが、
ここ数年、映画会への参加者がどんどん減っていることもあり、集客苦戦中です。
近隣の方、シェアよろしくお願いします♪

 

●【10/26(土)~11/7(木)@大分県・日田市】

こちらも先日もご紹介した、映画館 日田リベルテでの上映です♪
詳細はこちらから
http://kamanaka.com/news/1361/

そして、支配人、原さんのブログ記事も素敵なのでご紹介します!
http://www.hita-liberte.com/blog.html#/detail/9181259012345519145

********************
『六ヶ所ラプソディー』などで注目された鎌仲ひとみ監督作品。
知ってる人も知らない人も、考える視点を増やしてくれるような作品。
そして、エネルギー政策のはなしだけではなく、
誰でもの生き方について、大事にしているものはなんですか?
と聞かれているような気がしました。
上映後にいろんな話がきけそうです☆

(オーナー原の映画コラム)

[エネルギーの未来]

みなさんもご存知の通り、2020年に東京でオリンピックが
開催される事となった。
この映画に登場するスウェーデンでは脱原発を国民投票で決め、
2020年までに石油にも依存しない社会作りを目指している。

実は、東日本大震災の前にすでに公開されていたドキュメンタリー
である今作は、山口県で進んでいる上関原発計画に向き合う祝島の人々と、
高いレベルでの福祉を実践し、さまざまな課題を乗り越えて、
微小ながらも経済成長を続けているスウェーデン社会のあり方
を並行して描き、エネルギーの未来と社会のシステムを
問い掛けるという内容だ。

しかし最終的な醍醐味は、
人々の感性と思いが国を超えて交錯し、新しいビジョンを
描き出すことに成功している事だろう。

善し悪しの問題で上映を決断した訳ではない。
未来のイメージとして、日本とスウェーデンの違いを垣間みて、
それが未来への様々なヒントになればと感じたからだ。
********************

どうぞよろしくお願いします!

<大切なお知らせ>配給会社変更、無料メルマガ「ぶんぶんニュース」につきまして

お知らせ

 

rabel_015_new

 

不定期で発行している無料メルマガ「ぶんぶんニュース」を昨日発行いたしました。

その中でお伝えしました、重要なお知らせを二つシェアいたします。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<1>鎌仲ひとみ作品 配給会社変更についてのお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

現在、上映・配給・販売している、主な鎌仲ひとみ作品のうち、

グループ現代製作の

「ヒバクシャ-世界の終りに」「六ヶ所村ラプソディー」

「ミツバチの羽音と地球の回転」「ぶんぶん通信」「六ヶ所村通信」

の上映・配給・販売を、今後はグループ現代関連会社である

株式会社環境テレビトラストが引き継ぎ担当することとなりました。

(製作・著作は今後もグループ現代です。)

 

2012年の「内部被ばくを生き抜く」は、環境テレビトラストが製作・配給元でしたので

すでにこの社名におなじみの方もいらっしゃるかと思います。

 

スタッフはこれまでと変わりません。

2014年公開予定の新作「小さき声のカノン」もあわせて、

株式会社環境テレビトラストとして引き続き

どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<2>ぶんぶんニュース(この無料メールニュース)の配信について

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

新作に向けてのチーム鎌仲再編成にともない、ここ数ヶ月

メールニュースの配信方法を色々と試行錯誤してまいりました。

その中で不具合や変更などがあり、一部の方にはわかりづらい

点があったかもしれません。

 

今後のぶんぶん編集部のアドレスは、

bunbunnews@etvkk.com

となります。

 

また、7月以降、メールマガジンサービス「まぐまぐ」からの

配信に切り替える旨をご案内してまいりましたが

他サービスを希望されるお声も多く、まぐまぐと併用して

別途方法でも、引き続きメールニュース配信を継続することにいたしました。

 

登録希望の方は、ぶんぶんニュース編集部

bunbunnews@etvkk.com

までメールでご一報くださいませ!

 

これからもよろしくお願いいたします^^

11月3日(日)千葉県匝瑳市での「ミツバチの羽音と地球の回転」上映と鎌仲監督講演会!

イベント

<拡散希望♪> 11月3日(日)千葉県匝瑳市での上映会です。
鎌仲ひとみ監督のトークがあります!

お近くのご友人、ご家族にどうぞお知らせくださいませ。

http://kamanaka.com/theater/area02/552/

上映作品
「ミツバチの羽音と地球の回転」

日時
2013年11月3日(日)

場所
匝瑳市民ふれあいセンター ★監督トーク 千葉・匝瑳市
千葉県匝瑳市八日市場ハ793

【プログラム】
開場12:30
上映開始13:00~「ミツバチの羽音と地球の回転」

映画終了後、休憩をはさんで鎌仲ひとみ監督講演会

【参加費】1000円

【主催】匝瑳市勤労者福祉協議会

【問い合わせ先】日色昭浩/0479-72-3869 hiro.sosa●hotmail.com(●を@にしてください)

11月3日匝瑳市

 

大分で、明日より「ミツバチの羽音と地球の回転」 劇場公開です! ~11月7日

お知らせ

大分県日田市で「ミツバチの羽音と地球の回転」劇場公開!
この機会にぜひ、ご家族ご友人と、お誘いあわせ 大きなスクリーンで、ご覧下さい!

http://kamanaka.com/theater/area06/1195/

hita cinema

ロビーにはたくさんの鎌仲作品関連商品が、並んでみなさまをお待ちしております!

【上映日】2013年10月26日(土)~11月7日(木)

【上映時間】
■10/26(土)~31(木)

①12:10~ ②17:10~

■11/2(土)~7(木)

①12:10~ ②17:10~ ③20:00~

【料金】
一般:1,700円、シニア(60才以上):1,000円、学生(小~大):1,000円

男女ペア割(2名):2,000円、スタンダード会員:1,300円、ヴィンテージ会員:1,100円

【問い合わせ先】
日田シネマテーク・リベルテ  tel.0973-24-7534
【HP】http://www.hita-liberte.com/index.html

東京新聞・言いたい放談  発信するということ(2013・10・23)

メディア

 

131023iitaihoudan

 

================

東京新聞 「言いたい放談」 2013年10月23日(水) 朝刊放送芸能面に掲載

かつてNHKで、「エンデの遺言」という番組の共同監督をした。お金とは何か。根源から考える内容だった。お金の特質は劣化しないことだ。自然界のあらゆる事物は劣化するが、お金は腐らない。
例えば、お米でためても、収穫後は徐々に古くなるし、一年経てば古米となる。ネズミの害にもあうだろう。だから、昔の人は劣化する前にどんどん配って流通させた。それを当たり前のようにやっていた。自分だけがもうけて、ためようとしても尊敬されないし、無理があった。財産は退蔵すると無価値になるのが自然の断り。このことは昨今、「情報」について当てはまるのではないか、と最近つくづく思う。

新作のドキュメンタリー映画「小さき声のカノン」の撮影を始めて一年半が過ぎた。チェルノブイリの原発事故の被害を受けたベラルーシと、やはり原発事故の被害を受けた日本を行き来し、子供たちを被ばくから守る活動などを追っている。

撮影した素材の中から、今の日本の状況を判断するため必要と思われる情報を、映画の完成に先立って、動画のメールマガジンとしてネット配信している。「カマレポ」という。大事な情報をパスしたら、その人もまた誰かにパスしてくれるはず。そんな情報発信をこつこつ続けていきたいと思っている。

(映像作家)

次回掲載は、11月6日です。

どうぞお楽しみに!

☆拡散希望☆10月29日(火)10時 西東京市 田無公民館での自主上映+監督講演です!

イベント

☆拡散希望です☆西東京市 田無公民館での自主上映です!☆

小さな子を持つお母さんたちが平日日中の上映会を企画してくださいました! 鎌仲ひとみ監督の講演もあります!
集客苦戦中です、お近くの方、夜や休日は出にくい方、ぜひぜひ!ご参加ください。

http://kamanaka.com/theater/area02/550/
☆「内部被ばくを生き抜く」上映と鎌仲ひとみ監督講演☆

日時
2013年10月29日(火)

場所
東京都西東京市南町5-6-11 (地図)

★当初11月1日を予定していましたが日程変更しました★

【会場】西東京市 田無公民館 視聴覚室

【プログラム】
10:00 上映
11:30-12:15 鎌仲ひとみ監督トーク

【参加費】500円

【主催】2525

【問い合わせ先】★要予約★
TEL 高橋/090-1739-1029(電話受付は土日・10時~12時までのみ受付)
E-mail tanasi25251029●outlook.jp(●を@にしてください)

内部被ばくを生き抜く

 

公式WEBSHOPオープン! 最新DVD「カノンだよりvol.1」も注文受付はじめました♪

お知らせ

 

shoptop

 

鎌仲ひとみ監督の公式WEBSHOPがついに本日開店しました!
作品のDVDに加え、今までネット販売に対応していなかった、パンフレットや缶バッヂといったグッズを全て取り扱っているオンラインショップです。
DVDも、これまでは各作品のサイトで取り扱っていたものを、一堂に会してご紹介しています。
以前に比べてとても見やすくなりましたので是非遊びにいらしてくださいませ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

さて、そんな新しいショップのこだわりポイントをご紹介します♪

 

★オープン記念、「三部作DVDセット」を限定20セット分、特別価格にて販売します!

「ミツバチの羽音と地球の回転」「六ヶ所村ラプソディー」「ヒバクシャ-世界の終わりに」の三作品のセットを特別価格で販売いたします。
この機会に是非どうぞ!

 

★オープン記念、「ミツバチの羽音と地球の回転 DVD&パンフレットセット」を限定20セット分、特別価格にて販売します!

 

★全員にかるべめぐみさんのイラスト入りオリジナルポストカードをプレゼント!

 

postcard

 

お店のイメージは、金沢在住のイラストレーターかるべめぐみさんにお願いしました。
谷川俊太郎さんの絵本『死』のイラストをはじめ、様々なチラシ等にイラストを提供されているかるべさん。
以前から、鎌仲ひとみ監督作品も観てくださっていて、ご自身のデザインしたハガキの中に映画を紹介するメッセージを書いてくださったり、いつも応援くださっていました。
独特の、可愛らしくも不思議なタッチのイラストがとても素敵で、監督もスタッフもひそかにファンだったのですが、今回のショップオープンに向けて、かるべさんに素敵なイラストを書き下ろしていただきました!
新作「小さき声のカノン」をはじめ、鎌仲ひとみ作品に貫かれている「子ども・未来を守りたい」という願いが一枚の素敵なイラストになりました。
他にも、愛らしいキャラクターたちがショップを彩っています♪
そんなイラストが散りばめられたかわいらしいポストカード(非売品)をプレゼントさせていただきます!

 

★お支払い方法を選んでいただけるようになりました!
銀行振込と、クレジットカード(VISA/MASTER)決済のどちらかから選んでいただけます。
※郵便振替口座振込も追って導入予定です。

 

★パンフレット、缶バッヂなど、単品でもお買い物可能です!
これまで、上映会場でないと買えなかったパンフレットや缶バッヂも、取り扱いできることになりました。
映画を観て「ほ~なるほど!」と思っても、あとから人に説明しようとすると「あれ、あのセリフなんだったっけ・・・」となってしまった経験ありませんか。
パンフレットには、映画の完成台本が掲載されていますので(「六ヶ所村ラプソディー」「ヒバクシャ-世界の終わりに」は一部抜粋)、あとから映画の内容を反芻したり、人に紹介するときの資料としてもとても重宝します。
他にも、エネルギーに関する資料や監督コメントなど、DVDとあわせてお手元にお持ちいただくと理解が深まりおすすめです。
「ミツバチの羽音と地球の回転」の缶バッヂは、それだけを買いに来てくださるお客様もたまにいらっしゃるほど、人気の商品です。
上映会の際に、スタッフバッヂのようにして使ったり、ちょっとしたプレゼントやおまけにも、ちょうどいいと評判です。

ぜひぜひ、遊びにきてくださいね♪

 

【鎌仲ひとみ 公式WEBSHOP】 http://shop.kamanaka.com

★ホームページの「ショップ」ボタンからも入れます。

土と平和の祭典☆鎌仲監督トークと、「六ヶ所村ラプソディー」の泊の昆布を特別販売!

イベント

10月20日の「土と平和の祭典」@日比谷公園では、

DVD「カノンだよりvol.1」の発売開始日というだけでなく、
http://kamanaka.com/news/event/1159/

 

鎌仲ひとみ監督トークを無料で、野外で、2回も、聞いていたくチャンスがあります!

◆12:00~12:30(30)<土と平和のゆったりトーク(その1)>

映画『小さき声のカノン~選択する人々』について

辻信一(文化人類学者・環境運動家) × 鎌仲ひとみ監督からのメッセージ

http://tanemaki.jp/saiten2013/talkstage.html
土と平和のトークステージ

◆15時には、16番「暮らしの種まきプロジェクト」エリア
ブース近くでもミニトークを開催します!

さらに、突然のスペシャルゲスト(?)決定です。

「六ヶ所村ラプソディー」に出演されている、トマト農家の荒木信義さんが映画にも出てくる泊漁港の昆布を持っていらっしゃいます。

「カノンだよりvol.1」とあわせて、「カノン」ブースで限定100袋販売予定!

鎌仲監督も「あれおいしいのよ~★」と大絶賛の昆布です。

荒木さんとも直接お会いできるまたとないチャンス♪

おいしい食べ物やさんもたくさん出店され、小出裕章先生や加藤登紀子さんなど素晴らしいゲストやライブも無料で、子ども連れでも楽しめる
とっても気持ちのよいイベントですので、 是非遊びにいらしてくださいね!

【土と平和の祭典公式サイト】
http://www.tanemaki.jp/saiten2013/index.html

img_head_1020

10月18日(金)京都・NONベクレル食堂で鎌仲監督講演会!

イベント

10月20日で一周年を迎える京都NONベクレル食堂さんに、鎌仲監督がうかがいます!

少人数なので、ゆっくりとお話しできそうですね!

http://non-bq-shokudou.com/?p=2352

◎鎌仲ひとみ監督講演会
10月18日(金)16:00~18:00 @NONベクレル食堂
参加費:500-円+ワンドリンクオーダー
定員:20名
予約:info@non-bq-shokudou.com
講演後に鎌仲さんを囲んだお食事会も予定していますので、そちらも是非御参加下さい。

photo_kamanaka_w150

◎FRYING DUTCHMAN アコースティックライブ
10月20日(日)開場18:00 開演19:00 @NONベクレル食堂
参加費:2500-円(フードバイキング込/ドリンク別)
フードバイキングスタイルの立食イベントです。
定員:30名
予約:info@non-bq-shokudou.com
生のライブで、彼らのバンドとしての実力を堪能して下さい。
立食フードバイキングです。狭い店内ですが、ワイワイ楽しく過ごしましょう!

**********

NONベクレル食堂について
(FBより)
食材の放射能を測定し、セシウム不検出のものだけを使い、 安心してお食事を楽しんで頂くというコンセプトの食堂です。
3月11日に起こった東日本大震災による福島原発事故により、 私達はそれまで考えた事の無い、食品汚染と向き合う事になりました。 家族が笑顔で食卓を囲む為には、どうしたらいいでしょう? それに自分達が出した答えが、この食堂の立ち上げでした。 自分達のライフスタイルを見直し、未来へ向けた新しい挑戦です。 食材そのものや栽培している土壌のセシウムを測定し、無農薬、省農薬主体の こだわった食品を使った定食屋で、家族や友達と外食を存分に味わって下さい。。 ベジタリアンの方にも安心して頂けるメニューも用意致します。 モリモリ食べて楽しく語らい、笑顔が溢れる食堂になるように。。。 日々精進していこうと思っておりますので、是非お立ち寄り下さい。 食材、調味料、油など、測定したもの以外は使用しておりません。
※⾷品放射線スクリーニングシステムCSK-3i(http://www.hidenka.net/topics)の測定結果を元にしております。 検体の質量、測定時間などによって、検出下限(Cs-134、Cs-137合算)1.4Bq/kg~19. 9Bq/kgの範囲で検出された値を元に判断しています。

〒606-0024 京都市左京区岩倉花園町247-3 艮宮ビル2F NONベクレル食堂

公式ホームページ http://www.non-bq-shokudou.com/
NONベクレル食堂 facebook ページ http://www.facebook.com/non.bq.shokudou
◎最寄駅 ・叡山電鉄「岩倉」徒歩4分 ・京都市営地下鉄「国際会館」徒歩15分 ・京都バス「長谷別れ」徒歩30秒
◎駐車場7台あります

東京新聞・言いたい放談  企業優先を改めよ(2013・10・9)

メディア

photo================

東京新聞 「言いたい放談」
2013年10月9日(水) 朝刊放送芸能面に掲載

安倍政権が消費税率を8%に引き上げる。本来、社会福祉に使う税収だ。しかし今回増えた税収は、法人税の恒久的引き下げのために使われるのは間違いない。それで本当にいいのだろうか。

アメリカでは今年、所得者の上位1%と残る99%の格差が最大になったという。アメリカの富裕層は二〇〇八年の金融危機から立ち直り、所得を戻したが、下位99%はこの五年で所得を0・4%しか伸ばしていない。富裕層が所得を増やしたのは今年一月に資産売却税の税率が引き上げられたため、その前に株式を売却したからではないかとカリフォルニア大学のエマヌエル・サエス教授は分析している。増税は所得再分配に役立たなかった。

アメリカの低所得層にとって所得の再分配や不平等の緩和は期待できそうにない。絶望的な格差が広がっている。持てる者がよりもうかる仕組み。それが米国が主導する市場経済至上主義であり、多国籍企業が世界を席巻する法則である。

戦後一貫して米国追随を貫いてきた日本も、このような所得格差を広げる過程にある。格差拡大の原因は企業優先政策にある。企業のもうけを優先すれば、経営者だけがもうかる。すでに日本の労働市場は雇用が不安定になり、ブラック企業が横行している。企業優先を改めるべきだ。

(映像作家)

 

次回掲載は、10月23日です。

どうぞお楽しみに!