金沢市民芸術村アート工房 石川県・金沢

上映作品 カノンだより vol.4
日時 2018年3月6日〜7日この上映は終了しました。
場所 石川県金沢市大和町1-1(地図
上映 自主上映
詳細

● 3月6日(火)・7日(水) 10:30~12:00

「カノンだよりvol.4」上映

12:00~12:30 アフタートーク(ゲストあり)

チケット:800円

おといあわせ 090-2039-3263(平野)

FB https://www.facebook.com/events/439199096494690/

 

ダキシメルオモイ-抱きしめる日日のオモイを綴るブログ

 

 “保養”が子ども達の命を守る! ~日本とベラルーシの現場から~ 

カマレポno.12

「つながるチカラ ~関西ミーティング編」(11分半)

東京電力福島第一原発事故から、多くの母たち、女たちが

「子供たちを放射能から守る」ため、保養・自主避難・支援を行ってきた。

その活動を繋げる「子供たちを守る全国ネットワーク」の活動の

関西ミーティングの模様をレポート。

 

◆カマレポno.13

「若い女性が発信する福島の今」 (9分)

”ふくしまの女子”が暮らしについて考え、さまざまな情報を発信する

「女子の暮らしの研究所」。

彼女たちが主催する福島を巡る“Re:tripツアー”。

飯館村の大量に積まれた除染土。津波被害から復興しない町。

ツアー参加者が目にする、福島の今とは。

 

◆カマレポno.14

「母であることーその思い」(14分半)

原発事故後、子供たちの体調の変化を感じ、新潟に母子避難した磯貝さん。

国の指定区域以外から県外への避難者に対し、補償はほとんどない。

その中で暮らす厳しさと憤りを抱えながら、子供を守りたいという思い。

そして、母子とは離れて暮らす夫であり父の思い。

 

◆カマレポno.15

「それぞれの自主避難」(13分)

事故前から原発廃炉を訴える”ハイロアクション”に参加してきた宇野さん。

京都へ母子で移住した。夫も、仕事場と京都を往復する2重生活を送っていた。

新生活を送りながらも「避難者であり続ける」ことの意味とは。

 

◆カマレポno.16

「言葉ではなく生き方で ~荒木田さんの場合~」(12分半)

社会学者の荒木田岳さんをレポート。「美味しんぼ騒動」で渦中の人となった当時、

何が起きていたのか。

母子避難をする家族から離れ、福島で暮らしながら現状の異常な状態を訴え続けている。

そして、荒木田さんが貫く生き方とは。

 

◆カマレポno.17

「peach heart:女子の気持ちを掬いとる」(12分)

故郷の福島で「本音で繋がる場作り」を目指して“peach heart”を立ち上げた、

鎌田千瑛美さん。本音で語りづらい環境の中で、

どうやったら繋がって行けるのかを模索し続けている。

“女子会”で聞こえてきた、子供でも母親でもない若い福島の女の子達の本音は?

 

◆カマレポno.18

「市民科学者 ~ベルラド研究所の取り組み~」(12分)

チェルノブイリ原発事故以降、民間で放射能、被ばくの研究を重ねてきたベルラド研究所。

親子2代に渡り所長をつとめてきたオシペンコさんのインタビュー。

ベルラド研究所がサポートする保養前後に行う内部被ばく量の測定。

そして、技師、保養担当者が語る真実。

+*+*+*+

ダキシメルオモイとともに

様々な人々が紡ぐオモイにふれる7日間

パフォーマンス・イベントを行います。

ダキシメルオモイ絵画展 

2018年3月6日(火)~9日(金)13:00~17:00

入場無料(イベント開催時は別途料金必要)

出展

小林憲明「ダキシメルオモイ」

石川の作家:志田弘子 HISA 村田瑞江 かるべめぐみ

※6日は小林憲明氏 在廊

*****

ダキシメルオモイ 2018 石川巡回展

家族の抱きしめる姿にその想いをのせて描く画家小林憲明と

石川県の作家・芸術家たちのコラボレーション。

石川県内各地で巡回展・関連イベントを開催!

FB https://www.facebook.com/dakisimeruishikawa2018/

主催:ダキシメルオモイ石川実行委員会

共催:ふくしま311・石川結の会

協力:311こども石川ねっと

+*+*+:

備考